記事一覧

トップ > 2014年予選会 > 大会概要

競技規則

○本大会は2013~2014年の日本ラグビーフットボール協会競技規則に則って行われるが、以下に示すように  ローカルルールを適用し実施する。

○16チームで順位決定トーナメント方式にて行う。

○1~3回戦で敗れても交流試合を行ない順位を決定する。
 (各チーム4試合、1日1試合)

○試合時間は25分ハーフで行う。(ハーフタイムは5分間)

○同点の場合、以下の順序で勝者を決定する。
①トライ数 ②トライ後のゴール数 ③ファーストトライ ④ファーストポイント
⑤0-0の場合抽選

○シンビンの一時的退出時間は6分間とする。

○試合中のけがに関してはドクターを大会本部に配置し応急処置や救急車の手配等の対応はするが、それ以外は各チーム負担とする。傷害保険に関しては別途案内する。

○参加チーム及び組合せは九州ラグビーフットボール協会にて抽選で決定し、各チームはこれに従うものとする。

○順位決定トーナメント表 

ファイル 278-1.gif

<印刷用PDF>


サニックスワールドラグビーユース交流大会2014予選会大会要項

1、主  催

九州ラグビーフットボール協会
財団法人サニックススポーツ振興財団
        
2、主  管

福岡県ラグビーフットボール協会

3、協  賛

株式会社グローバルアリーナ

4、開催日時

平成26年1月2日(木)~1月5日(日)

5、会  場及び宿  泊

グローバルアリーナ
〒811-4153 福岡県宗像市吉留46-1 
TEL:0940-33-8400 FAX:0940-33-8419
E-Mail:info@g-arena.com

6、参加資格

・第93回全国大会に出場していない、各都道府県予選における上位校とする。
・在学1・2年生で、登録選手25名以上を有する高校とする。
・1校で25名以上選手がいない場合、合同チームでの参加も認める。
・参加チームは、宿泊を原則とする。
・傷害保険加入料(選手1名につき約¥700)を支払うこと。
 ※傷害保険に関する手続きは大会実行委員会によって行う。
 ※加入料は参加人数によって変更されます。

7、募集校数

16チーム
 深谷高等学校(埼玉)
 東京朝鮮中高級学校(東京)
 國學院大學久我山高等学校(東京)
 慶應義塾高等学校(神奈川)
 名古屋高等学校(愛知)
 京都成章高等学校(京都)
 伏見工業高等学校(京都)
 常翔学園高等学校(大阪)
 近畿大学附属高等学校(大阪)
 常翔啓光学園高等学校(大阪)
 御所実業高等学校(奈良)
 萩商工高等学校(山口)
 筑紫高等学校(福岡)
 東海大学付属第五高等学校(福岡)
 長崎北高等学校(長崎)
 熊本西高等学校(熊本)

8、大会方式

順位決定トーナメント方式(25分ハーフ)
         
9、表  彰

優勝校・準優勝校
※優勝校には、平成26年4月28日から5月5日開催予定の本大会への出場権を与える。

10、参加申込み

平成25年12月4日(水)までに参加申込書と参加選手登録名簿をEメールまたはFAXにてお送りください。
受付後、確認の電話連絡をいたします。
エクセルデータはホームページよりダウンロードしていただくか、Eメールでお問合せいただきましたらお送りいたします。
なお、16チームを超える応募があった場合は抽選となります。

11、組合せ

平成25年12月5日(木)に九州ラグビー協会にて抽選を行う。

12、その他

大会中は競技運営にもご協力願います。
(タッチジャッジ、記録、得点板等)

13、お問合せ

サニックスワールドラグビーユース交流大会 事務局
(財団法人サニックススポーツ振興財団内)
 TEL:0940-33-2299
 FAX:0940-33-3160
 E-Mail:rugby@sanix-sports.info
 大会HP:http://sanix-sports.info/rugby/

<印刷用PDF>

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ