2018予選会参加校

札幌山の手高等学校(北海道)

桐生第一高等学校(群馬)

深谷高等学校(埼玉)

東京高等学校(東京)

明治大学付属中野高等学校(東京)

東海大学付属相模高等学校(神奈川)

慶應義塾高等学校(神奈川)

名古屋高等学校(愛知)

光泉高等学校(滋賀)

京都工学院高等学校(京都)

関西大学北陽高等学校(大阪)

近畿大学附属高等学校(大阪)

大阪産業大学附属高等学校(大阪)

神戸市立科学技術高等学校(兵庫)

筑紫高等学校(福岡)

東海大学付属福岡高等学校(福岡)

サニックス
ワールドラグビーユース交流大会2018予選会大会要項

1、主  催
九州ラグビーフットボール協会

2、主  管
福岡県ラグビーフットボール協会
サニックスワールドラグビーユース交流大会事務局

3、協  賛
一般財団法人サニックススポーツ振興財団
株式会社グローバルアリーナ

4、日  程
平成30年1月1日(月・祝)~1月5日(金)
※1月3日(水)は休養日

5、会  場 及び 宿   泊
グローバルアリーナ
〒811-4153 福岡県宗像市吉留46-1
TEL:0940-33-8400 FAX:0940-33-8419 E-Mail:info@g-arena.com

6、参加資格
・第97回全国大会に出場していない、各都道府県予選における上位校とする。
・在学1・2年生で、登録選手28名以上を有する高校とする。
・参加チームは、グローバルアリーナ宿泊を原則とする。
・傷害保険加入料(選手1名につき約¥800)を支払うこと。
※傷害保険に関する手続きは主催者によって行う。
※加入料は参加人数によって変更されます。

7、募集校数
16チーム

8、競技方法
順位決定トーナメント方式(25分ハーフ)

9、表  彰
優勝校・準優勝校
※優勝校には、平成30年4月28日から5月5日開催予定の本大会への出場権を与える。

10、参加申込み
平成29年11月30日(木)までに参加申込書と参加選手登録名簿をEメールまたはFAXにてお送りください。
受付後、確認の電話連絡をいたします。
エクセルデータは大会ホームページ・九州ラグビー協会ホームページよりダウンロードしていただくか、Eメールでお問合せいただきましたらお送りいたします。
なお、16チームを超える応募があった場合は抽選となります。

参加申込書ダウンロード(Excel)
参加選手登録名簿ダウンロード(Excel)

11、組合せ
平成29年12月1日(金)に九州ラグビー協会にて抽選を行う。

12、その他
・1月1日(月・祝) 11:30よりグローバルアリーナ会議室にて代表者会議を行います。
・大会中は競技運営にもご協力願います。(タッチジャッジ、記録、得点ボード等)
・雷及び悪天候時の対応については別紙に定める。
・各日の全試合終了後、また1月3日の休養日には練習試合を希望されるチームがありますが、本大会の試合に出場した選手は安全面を考慮し練習試合に参加しないようご指導ください。

13、申込み・お問合せ
サニックスワールドラグビーユース交流大会事務局
一般財団法人サニックススポーツ振興財団 内
TEL:0940-33-2299  FAX:0940-33-3160
E-Mail:rugby@sanix-sports.info
大会HP:http://sanix-sports.info/rugby/

サニックスワールドユース2018予選会要項ダウンロード(PDF)

2018予選会 競技規則

1、本大会は2017~2018年の日本ラグビーフットボール協会競技規則に則って行われるが、以下に示すようにローカルルールを適用し実施する。

2、16チームで順位決定トーナメント方式にて行う。

3、1~3回戦で敗れても順位決定戦を行う。(各チーム4試合)

4、試合時間は25分ハーフで行う。(ハーフタイムは5分間)

5、同点の場合、以下の順序で勝者を決定する。
①トライ数 ②ペナルティトライ数 ③トライ後のゴール数 ④ファーストトライ⑤ファーストポイント ⑥0-0の場合抽選

6、イエローカード-シンビンの一時的退出時間は6分間とする。
同一試合で同一選手が2回目の一時的退出を宣告された場合、その選手は退場とし、最低限次の1試合を出場停止とする。本大会中に同一選手が3回目の一時的退出の宣告をされた場合、その選手はその場では退場とならないが、 最低限次の1試合を出場停止とし、規律委員会にてその後の処分を決定する。

7、レッドカード-退場者については最低限次の1試合を出場停止とし、チームに警告するとともに規律委員会にてその後の処分を決定する。

8、既に一時的退出の累積、または退場処分により出場停止を受けた選手が、復帰後に再度一時的退出または退場処分を宣告された場合、最低限次の1試合を出場停止とし、規律委員会にてその後の処分を決定する。
イエローカード、レッドカードともにその後の他大会への累積はしない。

9、試合中のけがに関してはドクターを大会本部に配置し応急処置や救急車の手配等の対応はするが、それ以外は各チーム負担とする。傷害保険に関しては別途案内する。

10、不戦敗について
試合開始時にグラウンドで試合の準備ができていないチームがあった場合は、いかなる理由においても不戦敗とする。

サニックスワールドユース2018予選会競技規則(PDF)